「つくる を楽しむ」「つかう を楽しむ」 

この記事は当分の間、一番最初に表示されます



「つくる を楽しむ」「つかう を楽しむ」を気軽に味わう事が出来るガラスのワークショップのご案内です。



b0346303_14163555.jpg



ガラス制作室はしづめでは、電気炉内でガラスを高温焼成して作品を作る「キルンワーク」を体験することが出来ます。


① 色ガラスのカケラを組み合わせて、ハシオキ、ブローチ、ペーパーウェイト、ネームプレートなど、フュージング(溶着)と呼ばれる技法で制作します。

所要時間:2時間
参加費:3500円

② ガラス質の絵の具が薄く印刷された転写紙を、ハサミやカッターで切り抜いて、オリジナルのデザインをグラスに貼付け、高温で焼き付けます。

所要時間:1時間半
参加費:3000円

場所:金沢市東山3丁目26-18
金沢周遊バス(右回りルート)、ふらっとバス(此花ルート)「馬場児童公園」バス停より徒歩3分。
申し訳ございませんが、駐車スペースが1台分しかありません。ご希望の方は予約時にご確認下さい。
近隣には、徒歩5分ほどの所に東山観光地駐車場(有料)がございます。

日時:お問い合わせいただいた時点でご相談。

焼成後のお渡しは後日になりますので、取りに来ていただくか、郵送(料金別途)させていただきます。



カテゴリ内のこんなの出来ます材料キルンワークとはをクリックしていただくと、作っていただける作品や、材料について詳しくご覧いただけます。

作業自体は難しいものではありません。
お気軽にお問い合わせ下さい。

* メールでのお問い合わせの場合は、
ご希望の日時、お名前、参加希望人数、パソコンからのメールが受信可能なアドレスを御記入下さい。















[PR]
# by laboratorio-h | 2016-12-31 00:00 | お知らせ

冬の苺

久しぶりに園芸便り。

金沢は立冬以来、寒い日も数日ありましたが、比較的暖かい日が続いているせいか、
例年以上に苺の花芽がたくさんついて花が咲き、実も膨らみ始めました。
今までも、花が咲いて実が膨らみかけたことは何度もありましたが、結局寒さには勝てず、
冬の苺を口にしたことはありません。

そこで今年は、実験。
ビニールハウスであったか、冬苺食べるぞ作戦。

いくつかある苺プランターのうち、
一番花芽が多い一つにビニール(ゴミ袋)をかけて、防寒対策。
b0346303_14120556.jpg










嬉しいことにゴミ袋のサイズがちょうどぴったり。

b0346303_14120664.jpg










苺の花も温そうに見える。
今からビニールの中の赤い苺が目に浮かぶ。
正月に苺、なんて贅沢。

一時間後。
ガラスを切りながら、ふと思い出した。
暖かくて良いけど、これでは花は咲けども虫が入れない。受粉が出来ないじゃないか。

b0346303_14120568.jpg














で、窓を開けてみた。
たった一時間なのに、ビニール温室内に手を入れると、もわっと温かい。
補強にビニールテープを貼って、カッターで切り込んだ。
寒い夜は閉じられるように工夫。

b0346303_08305243.jpg











受粉のための虫の入り口、完璧。見通しも上々。

これで、落ちついて仕事に戻れます。














[PR]
# by laboratorio-h | 2016-12-04 14:53 | 園芸部

外注

モザイクのシリーズのお皿は特に、飾って楽しんでますとおっしゃっていただくことが多々あります。
壁面に飾れるように出来ないですかと聞かれることも。

毎年末、企画展のお誘いをくださるギャラリーさんから、
今年はいつもと趣向が違う仕事をと声をかけていただいたので、
この秋はせっせとモザイクシリーズの板を焼いてました。

b0346303_17460789.jpg

いつもはお皿になるところ、
平らなままで楽しめるようにと、








いろいろ自分で考えましたが、埒があかず。
美しく端正で、あたたかく、使うのが嬉しくなる家具を作る
KONDO WOOD CRAFTさんへ走る。


b0346303_17460823.jpg
こんな機械や、












b0346303_17460868.jpg
こんな機械で、
ささっとサンプルを作ってくださって、









b0346303_17460915.jpg
こんなのはどうかと、幾つかご提案いただき、
角度や大きさ、溝の深さを検討し、
胡桃と桜に材を決め、








外注でお願いすることにしました。

やはり、ガラスは光を通すと美しい。
近藤さんの作る木の塊もきっと美しい。
出来上がりが楽しみです。









[PR]
# by laboratorio-h | 2016-11-12 12:46

偶然

せめて一ヶ月に一回の更新と思っていたのに、11月になってました。
寒いはずです。


b0346303_15505485.jpg

 ところで、
 先日、この冷茶碗お求め頂いた方。
 使う前に割れてしまって、
 昨日修理のお問い合わせをお店の方にして下さった方。

 たまたま見て下さっていたら良いのですが。
 
 お店の方を通して「伝言ゲーム」のようだと上手く伝わらないかなと
 思い、偶然見て下さる事を願ってこちらに書いてみました。
 
 


このブログの以前記事にもあるように、上部の小さな割れや欠けは無料でお直ししますが、
私のスキル不足のため、3つに割れてしまったものをもう一度焼き直して元通りに修理することが出来ません。ごめんなさい。

割れ方によっては、上部を切り取って小さな容れ物になったり、
割れた周りを危なくないように削って、箸置きやスプーンレストのようなモノにしたり、
再利用できることもあります。
送料だけご負担いただきますが、窯入れの必要のない場合は加工代は無料です。

若い頃、気に入った器を買って帰る途中、人にぶつかられた勢いで地下鉄の改札にぶつけて、
粉々に割ってしまい、とても悲しい思いで廃棄したことを思い出しました。
粉々でなければ、再利用できる事もあります。ご遠慮なく。






 


[PR]
# by laboratorio-h | 2016-11-03 17:14

夏の終わりの掃除

あっという間に9月も残すところ2日。
工房内の埃掃除の結果、
今年はコレが敗者復活の予定。
これ以外は、10月1日のどんぐり祭りに。

b0346303_14002779.jpg






「お詫び」
ここ最近、PCが挙動不審な動きです。
メールチェックや返信ができなくなる可能性大のため、
お急ぎの場合やメールの返信が遅い場合は、
お問い合わせの電話番号にショートメールいただければ幸いです。






[PR]
# by laboratorio-h | 2016-09-29 10:52